【レポート】「ティム・バートンの世界」展の内覧会に招待していただきました。六本木・森アーツセンターギャラリー

観せるために描かれていない。これが何だかワクワクしますよね。
—-
こんにちは、編集部のおーちゃんだよ。
「ティム・バートンの世界」展のレポートをするね。

おーちゃん

編集部にいるけど、ぼくの仕事は主にレポート担当。
そして月2回メルマガも書いて配信してるよ。(まだの人は登録してオーディナリー周辺で起きてることをみんなに伝えていこうと思ってる。

 

「いやー、秋だなぁ」

この日はヤカンの横でぴょこぴょこ跳ねてたら、深井さんから、メッセージが届きました。

「おーちゃん、今日16:30からだけど、六本木ヒルズに来て」
「いいよー、何があるの?」
「ティム・バートン展のレポートして欲しいんだ」
「あ、それ観たかったやつ。でも確か、明日から公開じゃないの?」
「うん、でも特別に一般よりも一足早く見学できるんだって。内覧会に招待してもらったの。間に合いそう?」
「もちろん」

オーディナリーは興味があるものであればどこでも行きますし、もし気に入ったものがあれば、みんなにも伝えたい。(だから気軽に声をかけてくれよな!)

というわけで、いざ、六本木ヒルズへGO!

他に目移りしちゃうイベントがあったから、迷った。

「ひゃ、なんなの、この小さいの!」

道ゆく人に、踏まれそうになりながらウロウロ。

森アーツセンターギャラリーは….

ふぅ…ここか。

でもよかった、深井さんが待っててくれました。

「おーちゃん、ここだよー」

ドーーーン!

「遅いじゃないか」

 

 

「ふぁっ !?  ふ、深井さん、何その恰好……」

 

「……..」

 

「あはは、ちがうよー、こっちこっち」

「ココから入るんだって」


「今のだれ?」

「ん、 なにかいた?」

「う…うん、でも気のせいかも…」

関係者用の受付にいくと、オーディナリーの名刺を渡し、ゲストパスのシールを胸に貼り、資料や本をいただいて、いよいよ中へ。


IMG 8648

ティム・バートン監督の映画は「シザーハンズ」も「バットマン」も「スリピー・ホロウ」「アリス・イン・ワンダーランド」「ビッグ・フィッシュ」などなど観てきましたが、今回展示されているのは、イラストです。


主にキャラクターイラストなんですが、これが可愛くて表情とか頭のバランスとかがツボなのです。実は今回の作品たちは、もともと誰かに観せるように描かれたものたちではありません。自分用に描かれた絵、つまり誰にも見せない日記のようなものなのです。だからカフェのナプキンに描かれたものもあるし、書きなぐったメモみたいなものもあります。

スクリーンショット 2014 11 09 16 29 06
(c)  Tim Burton


観せるために描かれていない。
これが何だかワクワクしますよね。公開するティム・バートンさんもちょっぴり恥ずかしかったのではないでしょうか。

「観る側としては、そこがいいんだよねぇ」

深井さんも満足だったようです。

「このテイストが好きな人にはたまらないね。ぼくは大好物」

さて帰ろう、東京タワーきれいだね。

 

シュン……(瞬間移動で消えた音)

 

IMG 8662

 

 

【イベント詳細】
ティム・バートンの世界
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
期間:2014年11月1日(土)~2015年1月4日(日)
入場料:一般1,800円 高校生・大学生1,300円 子供(4歳~中学生)800円 ※価格は全て税込。
主催:フジテレビジョン/東京新聞/WOWOW/森アーツセンター
公式HP:http://www.tim-burton.jp/

 

【プロフィール】
ティム・バートン:
1958年8月25日、カリフォルニア州バーバンク生まれ。本名はTimothy Walter Burton。幼少の頃より怪獣映画やホラーに親しみ、18歳で奨学金を得てディズニーが創設したカリフォルニア・インスティチュート・オブ・ジ・アーツへ入学。卒業後はディズニー・スタジオのアニメーターとなり、『きつねと猟犬』、『コルドロン』などに参加。1982年、24歳でスタジオの創作開発課より資金を得て、モノクロの短編ストップモーション・アニメ『ヴィンセント』で監督デビュー。続いて、ケーブルTVのディズニー・チャンネルで『ヘンゼルとグレーテル』、モノクロ実写短編『フランケンウィニー』を監督。ディズニーを去った後の85年には、『ピーウィーの大冒険』で長編劇映画デビュー。この映画がヒットした事から、『ビートルジュース』『バットマン』の成功へと繋がり、独創的な映像・美術センスで多くのファンを得て、ユニークな作品を撮り続ける。
<主な作品>
『ピーウィーの大冒険』(1985年)『ビートルジュース』(1988年)『バットマン』(1989年)
『シザーハンズ』(1990年)『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993年)『マーズ・アタック!』(1996年)
『スリーピー・ホロウ』(1999年)『ビッグ・フィッシュ』(2003年)『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)
『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)『ダーク・シャドウ』(2012)他

This exhibition is organized by Jenny He, Independent Curator, in collaboration with Tim Burton Productions.


編集部

編集部

オーディナリー編集部の中の人。わたしたちオーディナリーは「自由に生きるための道具箱」がコンセプトのエッセイマガジンであり、小さな出版社。個の時代を自分らしくサヴァイブするための日々のヒント、ほんとうのストーリーをお届け。国内外の市井に暮らすクリエイター、専門家、表現者など30名以上の書き手がつづる、それぞれの実体験からつむぎだした発見のことばの数々は、どれもささやかだけど役に立つことばかりです。