【レポート】GATHERING9 舛廣純子さん出版記念パーティー

本日の主役、舛廣純子さんよりご挨拶トーク

本日の主役、舛廣純子さんよりご挨拶トーク

GATHERING Vol.9
舛廣純子さんの出版パーティーを盛り上げよう 

———

『就活生に親が言ってはいけない言葉 言ってあげたい言葉』
出版記念パーティー

15期の舛廣さんが記念すべき最初の本を学研教育出版さんから出版されました。「自分の本」の仲間の晴れの日、ORDINARYとしてもこの日をORDINARYの活動として盛り上げようと多くの皆さんが参加しました。当日は、深井次郎×舛廣純子による祝初出版対談「自分の本をつくる方法  -講座から出版までの道のり-」では、リアルな経験談やORDINARY主宰の経験談などから、これから本を出そうと準備中のメンバーにとって参考になるエピソードやアドバイスが盛りだくさん。

舛廣さんを囲む方々が語らい、新しい出会いあり、旧交を温めるチャンスでもあり、おいしいお料理に、神田の老舗「近江屋洋菓子店 」のステキなケーキまで用意され、舛廣さんらしい、温かく細やかで心づくしの楽しい雰囲気。後半では希望者が自分の活動をプレゼンテーションするステージも用意され、「自分の本」のメンバーもそれぞれ取組中の活動や計画を発表、内容も充実、賑やかなお祝いの集いになりました。

DATA: 2013年12月6日 19:30〜22:00 @3331 Arts Chiyoda

 

 

 

 

 

 

 

 

 


編集部

編集部

オーディナリー編集部の中の人。わたしたちオーディナリーは「自由に生きるための道具箱」がコンセプトのエッセイマガジンであり、小さな出版社。個の時代を自分らしくサヴァイブするための日々のヒント、ほんとうのストーリーをお届け。国内外の市井に暮らすクリエイター、専門家、表現者など30名以上の書き手がつづる、それぞれの実体験からつむぎだした発見のことばの数々は、どれもささやかだけど役に立つことばかりです。