【レポート】GATHERING 14 JIRO’S BAR @表参道

横道から面白いものがうまれたことも多い。目的のない会話からヒン
GATHERING  REPORT
目的のない会話からこそ夢が生まれる
ーーー

おーちゃん

こんにちは、オーディナリー編集部のおーちゃんです。9/22 夜に開催された14回目のギャザリング(オーディナリーの小さな集まり)は、JIRO’S BAR。つまり「テーマを決めずにゆるゆる飲みましょう」という会でした。

本やら料理やらお月見やら、毎回なにかしらのテーマを持って開催していたギャザリング。なぜ、今回は無目的なのか。理由は2つあるようです。1つは、難しいこと考えずに、ただ会って飲みたいという人もいるだろうと。そういう人も来れるようにゆるっとしようということ。

ブルームーン ビール

深井さんは クラフトビール BLUE MOON をチョイス。この一本で酔っぱらうお酒の弱さ。

 

2つ目は、無目的から生まれる新しい可能性に期待したいということでした。忙しいビジネスマンは、人と会う約束をするときには必ず商談なりなんらかの目的があります。目的があると、横道にそれた会話はしてはいけない雰囲気があって、どうしても予想通りの話しか生まれないもの。

ご自分の経験を照らしてみても横道から面白いものがうまれたことも多いのではないでしょうか。無目的であれば、ゴールはないわけですから、その時思いついた「いま話したいこと」を横道とか気にせず話せます。今回は、そのノンパーパストーク(non purpose talk / 無目的会話)をやってみたようです。

 

玄米ご飯(大盛り)

玄米ご飯(大盛り)

ーーー
会場は表参道のデリカフェ

19:00からひとり、またひとりと集まりだし、19:30には全員がそろいました。久しぶり(4,5年ぶり)な人もいたので、まずは深井さんからこの会の趣旨と自由大学やオーディナリーの近況を話し、乾杯。それぞれ初対面のメンバーがほとんどだったので、全員の自己紹介と近況報告タイムをもって、打ち解けていきました。

・一週間前に10年間勤めた会社を卒業した人
・独立して変わらず夢を追い続けている人
・飛び出したい気分な人
・またロンドンに勉強しにいきたい人
・独自ドメインで本格的にブログを立ち上げた人…などなど、いろんな人がいます。

みんなの共通点としては、常に変化、進化していこうという意志があることでしょうか。編集部のふじたさん、モトカワさんも、みんなから刺激を受けたようです。合宿ワークショップをやろうとか、いろんなアイディアも出て、近々実現したいと思います。

玄米ご飯と健康志向のおかずのメニューにも満足。飲み会と言いながら、みんな飲むのも忘れ、話していました。気づくともう23時。店じまいということで、名残惜しげにみなさん解散しました。また次のギャザリングでお会いしましょうね。その時まで、それぞれの役割をまっとうしていよう。

出た、食後のアイスだ!

2つ目いくか

 

 

 

 

 

 

 

 


編集部

編集部

オーディナリー編集部の中の人。わたしたちオーディナリーは「自由に生きるための道具箱」がコンセプトのエッセイマガジンであり、小さな出版社。個の時代を自分らしくサヴァイブするための日々のヒント、ほんとうのストーリーをお届け。国内外の市井に暮らすクリエイター、専門家、表現者など30名以上の書き手がつづる、それぞれの実体験からつむぎだした発見のことばの数々は、どれもささやかだけど役に立つことばかりです。